リート/不動産金融の記事一覧
全114機関の経常損益総額は19.10%減の1兆7006億円ートップは三菱UFJ銀、上位10機関のうち増益は4機関
不動産経済研究所、日本経済と不動産テーマに講演会ー著名エコノミスト3氏が21年の見通し
金融行政の英語化を促進しワンストップ化 新規日本参入の資産運用会社をサポート
海外展開やM&Aで売上2000億円へ―シノケンG、10年間の長期ビジョン公表
九電グループ、物流不動産事業に参入―玄海Cのファンドに出資し川崎の施設取得
オープンハウス、ファンド事業に参入へ―リート上場視野、プレサンスを子会社化
Jリート向け融資残高、前年比5.4%増の8兆3046億円<br>トップは三菱UFJ銀の1兆6663.63億円、28法人向けに融資増
コロナ禍の不動産売買への影響が弱まる―地所リアル調査、購入希望価格の低下も
日本エスコンが私募リート組成へ始動<br>賃貸マンションがメイン、開発ファンドに出資
コロナの影響をどう見たらいいのか(下)
インフラファンドの市場規模は1.3兆~1.8兆円<br>~三井住友トラスト基礎研究所の調査結果から~
コロナの影響をどう見たらいいのか(上)<br> ―不動産経済研究所、マーケット展望するウェビナー開催