ジェクトワン、1棟収益レジの開発進む―シリーズ累計は26棟に、今年は3棟竣工
NOZOMIO三軒茶屋(ジェクトワンHPより)

 首都圏を中心に不動産の開発や売買、仲介を行うジェクトワン(東京・渋谷区、大河幹男社長)は、1棟収益マンションの開発を積極的に進めている。東京・品川区の西五反田で着工した「NOZOMIO 不動前」(63戸)の開発計画をこのほど公表した。「NOZOMIO」シリーズの開発は15年に開始し、「不動前」が26棟目となる。

  同シリーズはリーシング後の売却を基本にしており、売却先は個人投資家や法人。これまでに23棟が竣工済みで、このうち18棟は売却済み、3棟は長期保有を想定、2棟は今月中の売却を見据える。15年の事業開始以降、年間6、7棟のペースで開発してきており、今年も2月末に竣工した「NOZOMIO PREMIER 三軒茶屋Ⅱ」のほか、大井町での2棟を含む計3棟の竣工を予定する。2月に着工した「不動前」(品川区西五反田5―158―4)は、東急目黒線・不動前駅から徒歩7分の立地。地上6階建てで、延床面積は1963・43㎡。間取りは1R~1SLDK。22年1月の竣工を予定する。メインターゲットは20歳代後半~30歳代の単身者とDINKS。

  「三軒茶屋Ⅱ」(16戸)は東急世田谷線・西太子堂駅から徒歩9分、東急田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩12分の立地。地上5階建てで、延床面積は532・38㎡。専有面積は21・01~54・52㎡。現在、リーシング中で、販売額は約5億円。20歳代後半~30歳代の単身者からファミリーまで、幅広いターゲットに対応できるよう、間取りは1K~2LDKとした。月額賃料は1Kで10万5000~11万4000円、2LDKで17万~17万5000円、別途管理費。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事