新宿・ミラノ座跡地、23年1月に「歌舞伎町タワー」 2種類のホテル、エンタメ拠点を創出 ー東急
東急歌舞伎町タワー外観(東急HPより)

 東急と東急レクリエーションは、東京・歌舞伎町で進めている再開発計画「東急歌舞伎町タワー」を、23年1月11日に竣工させる。開業は同年春の予定。高さ約225mの超高層ビルで、ペントハウス付きラグジュアリーホテルとライフスタイルホテルの二つのホテルや劇場、ライブホールなどで構成。エンターテインメントを通じた観光拠点を創出する。
 建設地は「新宿TOKYU MILANO」跡地が中心。敷地面積は4603・74㎡、建物は地上48階地下5階建て、延床面積約8万7400㎡の規模。上層17~47階には二つのホテルを設置。高さ170m以上の39~47階をラグジュアリーホテル(97室)の客室として、45~47階にペントハウス5室を備える。20~38階はライフスタイルホテル(335室)の客室で、歌舞伎町エリアのカルチャーを体感できる場にする。二つのホテルは東急が2月に設立した完全子会社㈱THM(東京・渋谷区、星野俊幸代表)が経営し、運営を東急ホテルズが受託する。
 9~10階は、東急レクが運営する映画館として8スクリーンを設ける。6~8階は劇場、地下1~4階はライブホールとして、東急、東急レクとソニー・ミュージックエンタテインメントの合弁会社㈱TSTエンタテイメントが運営する。劇場は、演劇・音楽・映画などを掛け合わせた多彩なエンタメ文化を発信する約900席、ライブホールは1500人収容でZeppホールネットワークの基盤を生かしたミュージック・カルチャーを届ける。ほかに、1~5階に店舗等を設け、隣接する広場からつながるにぎわい空間として、滞在や回遊を通じた交流が生まれる施設とする。(日刊不動産経済通信

最新情報はTwitterにて!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
こちらもおすすめ