(提供:日刊不動産経済通信)ハイネスコーポレーションは、滋賀県大津市でシニア分譲マンション「おおみ路 中楽坊」(総戸数117戸)をこのほど発売した。JR湖西線・堅田駅徒歩18分の立地で、24年9月下旬の竣工と、同10月下旬の引き渡しを予定。
 建物規模はRC一部S造地上13階建て。住戸の間取りは1LDK~2LDK+S(書斎)で、専有面積は44・84~96・31㎡。販売価格は3030万~1億円。最多販売価格は3700万円台。管理費、修繕積立金、生活支援業務費、レストラン運営金などを合わせた月額料金は7万円台から。事業主は、同社とグリーンホスピタルサプライ㈱が出資して設立したマスターズホスピタリティ㈱。施工は日本建設。共用部は天然温泉の大浴場やレストランを設置し、運営では専用シャトルバスによる駅や商業施設の巡回を行う。
 販売状況は同社によると地場からの引き合いが強く、計画通りに進んでいる。「中楽坊」ブランドの7物件目。今春に発売予定の物件を加えると同ブランドの供給規模は累計8棟、総戸数1000戸超となる。

コメントをどうぞ
最新情報はTwitterにて!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事
ゼロカーボンシティの実現に向けた施策に関する自治体アンケート調査を実施(2023年)~ゼロカーボンシティの実現に向けて、再エネ発電設備・蓄電池の普及拡大施策が拡充、一方で、地域マイクログリッドの構築や再エネ発電設備の設置義務化条例の制定を目指す自治体はごく少数に留まる~
住宅・不動産ニュース
ゼロカーボンシティの実現に向けた施策に関する自治体アンケート調査を実施(2023年)~ゼロカーボンシティの実現に向けて、再エネ発電設備・蓄電池の普及拡大施策が拡充、一方で、地域マイクログリッドの構築や再エネ発電設備の設置義務化条例の制定を目指す自治体はごく少数に留まる~
Published by 矢野経済研究所 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、共同通信社の協力により、2023年8月末時点で...