宅都、「街の楽しさを伝える」をテーマに新コーポレートサイトー「宅都の OSeKKAi」
宅都

 大阪市内のミニミニ FC を中心に関西で 23 店舗を展開する宅都〔大阪市、石田晃三社長〕は、新コーポレートサイトをオープンした。新サイトのコンセプトは「宅都のおせっかい (OSeKKAi)」。宅都のスタッフが街の情報を隅々までリサーチし、写真や記事を随時アップし、その街に住む楽しさを伝え「この街に住んでみたい」と思ってもらえるようなプラットフォームを目指す。

 宅都は、「これからの不動産屋としてあるべき姿」を模索した結果、「不動産屋とは、単に部屋があれば良いというものではない。大切なことは『その街に住む楽しさ』を伝えること」と結論づけた。買い物、グルメ、ニュース、イベント、治安、医療や福祉などの幅広な情報を提供し、その街でどのような楽しい出会いや体験ができるか想像してもらえるサイトを目指す。

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ