ジェクトワン、東京・府中市と空き家利活用で連携協定
府中市と連携協定 ジェクトワン

 ジェクトワン(東京・渋谷、大河幹男社長)は、東京都府中市と6月24日に「府中市空き家利活用等相談事業」への連携・協力に関する協定を締結した。

 府中市の空き家利活用等相談事業は20年4月に、市内の空き家所有・管理者を対象に、空き家の利活用について専門的なアドバイスを行う相談窓口を開設したもの。この相談窓口は専門家や事業者等と連携・協力した解決策の提案、空き家の利活用についての経済的な試算、解決策提案後の相談者に対するフォローアップまでを行うもの。

 ジェクトワンは市の空き家利活用等相談事業において、空き家所有者、相続予定者を対象とした空き家の利活用に関する相談(利活用に関する収支・試算の提案等も含む)、具体的な空き家の利活用等の実施と事業実施後における所有者などのフォローアップ、空き家利用希望者とのマッチング、各専門家・事業者との連携・協力などで協力していく。

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事