スマートロック・コネクトPFのビットキー、累計調達額90億円に

 スマートロック及びコネクトプラットフォームを提供するビットキー(東京・中央、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則)は、オカムラなど8社を引受先とする32億円超の第三者割当増資を実施し、創業から2年9ヶ月で第三者割当増資による累計資金調達が約90億円に達した。

 19年にスマートロック「bitlockシリーズ」からスタートした同社は、20年から新たに、リアルなデバイスや設備と連動する新しいコネクトプラットフォーム「workhub」「homehub」の提供を開始。これらプラットフォームの拡大には、あらゆるアセット、サービス、プロダクトとの連携が必要になることから、住宅・不動産をはじめ、オフィス家具、設備機器など他業種からの出資及び業務提携を進めている。

32億円の第三者割当増資の引受先と各社の狙い

◯オカムラ=ビットキーの「workhub」を基盤に働き手の生産性向上、ファシリティマネジメント投資・戦略の最適化
◯サンケイビル=グループの手掛けるオフィス、住宅、ホテル、シニア等のアセットやサービスと掛け合わせDX実現
◯ダイキン工業=空調・換気の制御技術とビットキーのデジタルコネクトプラットフォームを連携させてオフィスや店舗に新たなソリューションを創出
◯東京建物=東京スクエアガーデンへのworkhub導入を通じ、デジタルの力で課題を解決する新しいビル運営・管理
◯日鉄興和不動産=住宅事業やオフィス事業におけるビットキー社との協業の創出
◯パナソニック=自社製品(ハードウェア)とビットキーのhomehubとの融合
◯プライム ライフ テクノロジーズ=「テクノロジーでつながることで豊かな暮らしサービスを提供する」まちづくりの実現
◯スパークス・グループが運営し、トヨタ自動車、三井住友銀行などが出資する「未来創生2号ファンド」

第三者割当引受先一覧(公表企業のみ)

●阪急阪神不動産のコーポレートベンチャーファンド「HHP共創ファンド1号投資事業有限責任組合」
●大阪ガス
●岡崎信用金庫
◯オカムラ
●グッドパッチ
●グローバル・ブレインが運営するファンド「グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合」
●ゴールドマン・サックス
●三井不動産が出資し、グローバル・ブレイン株式会社が運営するコーポレートベンチャーキャピタルファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」
◯サンケイビル
●CYBERDYNE子会社のCEJキャピタルが運用する「サイバニクス・エクセレンス・ジャパン1号投資事業有限責任組合」
●新生企業投資が運営に関与するファンド「新生ベンチャーパートナーズ1号投資事業有限責任組合
◯ダイキン工業
◯東京建物
◯日鉄興和不動産
◯パナソニック
◯プライム ライフ テクノロジーズ
●フルタイムシステム
●マーキュリアインベストメントが運営する伊藤忠商事との共同組成ファンド「マーキュリア・ビズテック投資事業有限責任組合」
◯スパークス・グループが運営し、トヨタ自動車、三井住友銀行などが出資する「未来創生2号ファンド」
●森トラスト
●Spiral Innovation Partnersが運営し、セイノーホールディングスがアンカーLPとして参画する「Logistics Innovation Fund」

最新情報はTwitterにて!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
こちらもおすすめ