東急不動産、滋賀・草津にテレワークスペース備えた「ニューノーマルマンション」
ブランズシティ南草津(東急不動産)

 

 東急不動産は、滋賀県草津市のJR南草津駅前で進めている都市近郊型の新築分譲マンション「ブランズシティ南草津」(217戸)の販売を7月から開始する。共用部と専有部にテレワークスペースを設けるほか、ニューノーマル(新常態)を意識した様々な工夫を盛り込んだ。

 草津市は、大阪や京都、滋賀に通勤圏のベッドタウンで、人口増加が続いているうえ、南草津駅は県内最多の乗降客数を誇る。物件が位置する駅前の西側は区画整理で街並みが形成され、駅からは徒歩2分。駅前公園にも面している。規模はRC造地上14階建て、間取りは2LDK~4LDK、専有面積は60~90㎡台とファミリー層などをターゲットに据える。

 共用部のコワーキングスペースは個室の集中エリア、開放感のあるオープンエリア、ソファを設置したリフレッシュエリアで構成し、複合機やコーヒーメーカーを用意する。専有部でも2人以上が在宅勤務のケースにも対応できるワークスペース設置のセレクトプランも設けた。パーティールームはグループの東急ハンズと協業し、親子参加型のイベントも実施する予定。キッズスペースでも感染症対策を徹底し、バーチャル動画が投影される床を設置し、遊具に触らなくても子どもたちが楽しめる工夫を施した。

 一部住戸のバルコニーは奥行約2・3mを確保し、専有部でも外遊びができたり、家にいながらアウトドア気分も味わえる。玄関脇にクロークを設けるプランも設定し、生活スペースに行く前に上着やアウトドア用品を収納できるようにした。販売対象は209戸で12日にモデルルームをオープンした。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
こちらもおすすめ