三鬼ら、都心オフィス空室率6%目前に―年内竣工ビルの平均成約率は78・7%
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 三鬼商事がまとめた5月末時点のオフィスビル需給動向によると、東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の平均空室率は前月比0・25㌽増の5・90%と6%が目前だ。空室率は15カ月連続で上がった。大区画の解約と新規募集が増え、5区全体の空室は1カ月で約1・9万坪増えた。坪当たりの月額賃料は2万1249円で昨年5月に比べ1587円下がった。
 新旧別の空室率は、新築が前月比1・67㌽増の8・97%と上昇が目立つ。ただこれは、前年に竣工した「東京ポートシティ竹芝」など3棟の区分が新築から既存に移ったことが大きく影響したという。一方、既存ビルの空室率は前月比0・24㌽増の5・86%と微増にとどまった。
 5区の需給状況をみると、すべての区で前月比、前年同月比ともに空室率は上がり、賃料は下がった。空室率は港区が前月比0・17㌽増、前年同月比では5・67㌽増の7・55%と最高値だ。このほか新宿区が0・83㌽増の6・47%、渋谷区が0・70㌽増の6・02%と6%を超えている。
 コリアーズ・インターナショナル・ジャパンによる5月末時点の調査結果では、年内に竣工する都心5区の賃貸オフィスビル12棟のうち、「KABUTO ONE(カブトワン)」など4棟が満床になったほか、「日比谷フォートタワー」など2棟が8割以上埋まった。12棟全体の成約率は78・7%だ。一方、来年以降に竣工する物件の成約率は中央区八重洲の「(仮称)ヤンマー東京ビル」(22年8月竣工予定)が48%、港区芝の「(同)TTMプロジェクト」(23年5月竣工予定)が63%などとなっている。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
こちらもおすすめ