コラビットと不動産経済研究所が共同開発した、AIマーケティングサポートシステム「BRaiN」に、首都圏・近畿圏の新規分譲マンションのデータ検索機能を追加

 コラビット(東京・港、浅海剛社長)が、不動産経済研究所と共同開発した、AI活用したマーケティングサポートシステム「BRaiN」で、首都圏・近畿圏の新規分譲マンションの情報をオンライン上でいつでも検索・閲覧・ダウンロードできる機能を追加した。

 「BRaiN」とは、コラビットの不動産価格推定エンジンと、不動産経済研究所の保有する新築分譲マンションに関する大量のデータを活用し、対象地点におけるAI推定価格算出や相場マップ、地域データの提供など、不動産ディベロッパーが分譲マンション事業をする際に行うマーケティングをサポートするシステム。

 今回、「BRaiN」で利用可能になったのは、これまで1ヶ月に1度、DVDで提供していた「ダイレクト情報サービス」の主要な機能。これにより、首都圏・近畿圏の新規分譲マンションの図面・販売データ・地図など、最新の情報をオンライン上でいつでも検索・閲覧・ダウンロードできる。

おすすめの記事