新着記事
住宅ローン減税改正で損益分岐点シフト ニッセイ基礎研、契約者への影響分析
2021年の首都圏新築分譲マンション市場、平均価格は6260万円で過去最高を更新。供給戸数は3.3万戸で2年ぶりの3万戸台 不動産経済研究所
奈良市の大規模マンション「ルネ富雄」が好調 ―1期で70戸を供給し、約9割が契約済み 総合地所
旭化成、渋谷にマンションギャラリー―豪華仕様住戸も展示、ブランド力向上
集合住宅の空中インターフォンを実験 大和ハウスら、マンションへの実装目指す
新時代の管理運営を探る54 マンション管理60年目の大改革 社会資本として行政の積極的な関与が可能に(上);飯田太郎(マンション管理士/TALO都市企画代表)
注目記事 テーパリング&”恒大ショック”