ヤマト住建、省エネ戸建ての普及に尽力 住宅とEV一体のパッケージローン発売
ヤマト住建・exYUCACOを搭載したモデルハウス(群馬県太田市内)

 ヤマト住建(神戸市、中川泰社長)は、創業35周年を機に高気密・高断熱で脱炭素に貢献する省エネ住宅の普及を促進する。標準仕様でHEAT20G2グレードを超える気密・断熱性能の木造2階建て戸建て注文住宅「エネージュNEXT」をこのほど発売し、住宅と電気自動車(EV)を一体とした新たなパッケージローンの運用も始めた。
 エネージュNEXTの発売キャンペーン価格は延床面積30坪プランで1995万円(消費税込み)。坪単価66・5万円。屋根・壁・基礎の内外ダブル断熱と開口部への樹脂サッシトリプルガラスの採用などで、UA値(外皮平均熱貫流率)は北関東から中国エリアのHEAT20G2基準0・46を上回る0・34を達成した。このほか制振ダンパーや高性能熱換気システム、エコキュートが付く。長寿命住宅の建物価値を保証する長寿命住宅普及協会の保証制度「ベストバリューホーム」の加入商品で、売却価格が同制度に基づき算出した価格を下回った場合は、差額が保証される。
 パッケージローンは、同社とイオンプロダクトファイナンス(イオンフィナンシャルサービスグループ)との提携によるもので、大阪府と兵庫県から展開を開始した。今後は全国に広げる。太陽光パネルとⅤ2Hを設置した住宅と、V2Hに対応するEVが対象で、脱炭素型の生活様式の普及を支援する。
 同社はローコストから中堅価格帯の省エネ戸建て注文住宅が主力商品で、ZEHビルダー評価では最高ランクの6つ星を取得している。ZEH住宅の普及に成功したことで、HEAT20G2かそれ以上の性能の住宅を自社の標準仕様として広めるのが今後の目標だ。(日刊不動産経済通信

最新情報はTwitterにて!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
こちらもおすすめ