デサント、創業の地の大阪・桃谷の本社ビル売却 浪速区へ移転

 デサントは、大阪市天王寺区の本社ビルを売却し、浪速区湊町へ本社を移転することを発表した。同本社ビルは5日付で売買契約を締結、12月22日付で引き渡す。譲渡先、譲渡価額・帳簿価額は非開示。譲渡益は約 18 億円となる見込みで、22 年3月期第3四半期連結決算において「固定資産売却益」として特別利益に計上する予定。

 デサント本社ビルは12年3月に竣工、地下1階・地上5階建て。土地面積1458.46 ㎡ 、延床面積6003.90㎡ 。所在地は大阪市天王寺区堂ヶ芝1−11−3。大阪環状線・桃谷駅前の「デサント創業の地」に立地する。

 本社移転日は12月22日。移転先は大阪市浪速区湊町1−2−3。デサントおよび連結子会社2社(デサントジャパン㈱、デサントアパレル㈱)に関しても、デサントの本店所在地と同様に変更する。

 昨年度にブランドにおける企画開発等の業務を東京事務所へ集約したことに伴い、大阪本社事務所の収容人員に対し従業者数が大きく下回ったことに加え、ニューノーマル社会への適応に向けて、新しい働き方やオフィスのあり方の検討を進める中で、新事務所への移転、及び現事務所の土地・建物の譲渡が資本効率の向上につながると判断した。 

最新情報はTwitterにて!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
こちらもおすすめ