EXPO 2025を見据えた「ポストコロナ時代のユニバーサルな街づくり」オンラインセミナー IAUD

 一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)は、オンラインセミナー「ポストコロナ時代のユニバーサルな街づくり」を開催する。IAUDは、日本万博協会の参加型プログラム「TEAM EXPO 2025」の共創パートナーに選出されている。同プログラムは25年の大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現し、SDGsの達成に貢献するために多様な参加者が主体となって理想とする未来社会を共に作り上げていくことを目指す取り組み。

 セミナーでは有識者による様々な角度からのユニバ―サルな街づくり等についての講演と、ディスカッションを用意している。

=========================================
EXPO2025共創パートナー事業 オンラインセミナー
「ポストコロナ時代のユニバーサルな街づくり」-EXPO 2025を見据えて- 

開催日時: 2021年11月11日(木)14:00~17:30
開催形態: Zoomによるオンラインセミナー(要参加登録・無料)

主催: 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会
協賛: パナソニック、イセトー
後援: 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会、大阪商工会議所、産経新聞社、大阪府(予定)

司会:川原 啓嗣(名古屋学芸大学大学院教授; 国際ユニヴァーサルデザイン協議会専務理事)

■講演1: EXPOに求められるユニヴァーサルな街づくり
 川内 美彦
(アクセシビリティ研究所主宰。(一社)日本トイレ協会副会長。東洋大学人間科学総合研究所客員研究員。元東洋大学教授。一級建築士。工学博士。)


■講演2: 梅田1丁目1番地計画 大阪梅田ツインタワーズ・サウス “つながる梅田の中心“を目指した取り組み
 松田 圭洋
(阪急阪神不動産(株)開発事業本部技術統括部 建築グループ兼開発推進部開発グループ課長)


■講演3: 建築・都市と新たなコミュニケーション(仮)
 齋藤 精一
((株)アブストラクトエンジン 代表取締役パノラマティクス 主宰。建築学をコロンビア大学院で学び、後にライゾマティクス設立。インタラクティブアート創作及び新ビジネスを創成。2025年大阪・関西万博People’s Living Labクリエイター。)


■講演4: 華道におけるおもてなし
 池坊 専好
(華道家元池坊次期家元。紫雲山頂法寺(六角堂)の副住職。アイスランド共和国名誉領事。京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科博士後期課程修了。2025年日本国際博覧会協会 理事・シニアアドバイザー。)

■パネルディスカッション: 次代を拓くユニヴァーサルな街づくり ポストコロナへの提言
 パネリスト(順不同、敬称略): 池坊 専好 川内 美彦 齋藤 精一 松田 圭洋
 進行: 中尾 洋子
(パナソニック(株)デザイン本部 未来創造研究所 全社UD推進担当主幹、2005年~家電UD責任者、2012年~全社UD推進事務局として、全社横断でUDを推進。情報発信でのUD理念の普及にも努める。)

申込みは、下記URLの「参加登録フォーム」より。
締切: 2021年11月9日(火)
https://www.iaud.net/activity/17087/

最新情報はTwitterにて!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
こちらもおすすめ