ノーリツ、“見まもり機能”搭載した業務用給湯器を発売 ーサービス付き高齢者住宅向けに
ノーリツHPより

 ノーリツは、サービス付き高齢者住宅(サ高住)などの入居者が各部屋で入浴する「個浴」向けに、遠隔での見まもり機能を搭載した業務用給湯器「GQT-C2412AWZ」を12月1日に発売する。ノーリツによると「見まもり機能を搭載した業務用給湯器は業界初」。今後は、複数のセンサーにより居室内の状況を検知し居室全体の「見まもりシステム」を提供するヘルステック企業と提携してサービスの拡充を図る。第1弾としてZ-Works(髙橋達也社長)と、22年春開始をメドにシステム連携を進める。

 サ高住などの高齢者住宅や介護施設では、入居者のプライバシーを守りつつ、安否確認や体調確認を行うことが求められている。一方で従来よりサ高住の居室には見まもりサービスが導入されていたが、浴室は温度や湿度が高く導入が困難だった。ノーリツでは17年に家庭用給湯器に見まもり機能を搭載した実績を活かし、業務用給湯器にも遠隔での見まもり機能を実現した。

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ