オンライン不動産仲介の「Kant」、バーチャル不動産店舗を毎週水曜運営
バーチャル店舗(kant HPより)

 不動産賃貸・売買のオンライン仲介サービスを運営する、Kant(カント、東京・板橋、尾島康仁社長)は、 オンライン会議ツールの「Remo」を活用したネット上の「バーチャル店舗」を開業した。運営は毎週水曜日の14時から16時までで、この時間中にアクセスすれば、事前の「来店」予約不要で部屋探しの相談を受け付ける。契約手続きまでオンラインで実施する。また同店舗では、 オンライン相談会などの各種イベントも不定期に実施していく。

 同社はコロナ禍前の19年夏から、 Zoomなどのオンライン会議システムによる不動産賃貸・売買仲介サービスをオンライン上で提供。 オンラインでのニーズの拡大からバーチャル店舗の開設を決定した。「店舗に気軽に立ち寄り、 その場で担当者と雑談しながらお部屋を探していく時間を再現することで、 オンラインのハードルをより低く、 身近なものにしていきたい」(kant)としている。

 Kantはオンライン・フルリモートワーク型の不動産会社。2018年7月11日に設立、所在地は東京都板橋区南常盤台2-3-12。会社URLはhttp://kant711.jp/

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ