分譲マンションのオンラインストア開設―日鉄興和、販売価格などもすべて公開

日鉄興和不動産は、インターネット上で分譲マンションの購入検討から申し込み手続きまで行うことができるオンラインストアを立ち上げた。「スマホ一つでいつでもどこでもマンションが買える」がコンセプトで、購入しやすいよう初期の諸費用はゼロ、手付金は一律10万円に抑えた。

 新サービスは「sumune for LIVIO」。16日からサービスを開始した。図面集や管理規約、長期修繕計画のほか全戸の販売価格、VR内見データ、眺望写真などを公開。設計変更や購入シミュレーションもオンライン上で行うことができ、すべての情報閲覧は会員登録不要で可能。購入した住宅が選べたら、24時間365日いつでも申し込み可能。個人情報の入力は20分程度で済み、10万円の手付金(申込金)はクレジットカードでネット決済する。身分証明書もスマートフォンなどで撮影し、アップロードする。住宅ローン審査を申し込み後に行うのも特徴。住宅ローン手続き専用のスマートフォンアプリはiYell㈱が提供する。会員登録するだけで100万円分のポイントも付与する。

 まずは販売中の1LDKタイプを取り扱うが、今後はファミリータイプも含めすべての間取りに拡大する。エリアも関西などに広げ、電子契約の対応や抽選機能なども追加していく予定。ただ、オフラインでの顧客接点も重視しており、新たなマンションギャラリーも準備している。当面は従来の販売方法とオンライン販売を並行させるが、「将来的にはオンライン販売に切り替えることも目指していきたい」(猪狩甲隆・常務取締役)としている。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ