三井不、街づくり型物流施設が全体完成―船橋で70万㎡、最新テクノロジー導入

 三井不動産が千葉県船橋市で8年かけて開発を進めてきた国内最大の街づくり型物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク船橋」(MFLP船橋)が全体完成を迎えた。6月30日に竣工した「MFLP船橋Ⅲ」を含め、総延床面積約70万㎡に上る規模。「船橋Ⅲ」は最先端オフィスビルと同等のテクノロジー技術や環境配慮対策などを盛り込み、「最高クオリティの物流施設」(三木孝行・専務執行役員ロジスティクス本部長)と自負する。
 同社は、計3棟の物流施設だけではなく、地域に開放された約2haの緑地空間「MFLP船橋・&PARK」やスケートリンクなども整備することで、街づくり型の物流施設とした。当初は物流施設を4棟建設する構想もあったが、今回竣工を迎えた3期の建物を大型化することで、緑地空間を創出した。「船橋Ⅲ」は地上8階建て、延床面積27万1000㎡の規模。業界最高スペックを目指し、全フロアで倉庫内空調を完備したほか、同社として初めて全フロアに人感センサー付きLED照明を採用し、使用電力の削減と環境負荷の低減を図る。オフィス部分は天井高3・6mを確保。最新オフィスビルで採用されることが多いフラッパーゲートや顔認証システムを導入し、セキュリティ面を充実させた。免震装置、水害対策、72時間対応の非常用発電などBCP対策にも万全を期している。
 共用部にもこだわり、エントランスには水盤、アート作品を採用。ラウンジ型の貸会議室や船橋エリアを一望できる屋外テラス、敷地の一角にはテナント従業員専用のプライベートガーデンも設けた。テナントは約8割が確定している。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事