貸金利息、三井住友銀が4940.53億円でトップ総額17.73%減の3.34兆円、増加機関は29機関に


 国内金融機関110機関(都銀4、信託4、生保15、損保1、地銀75、その他11)の2020年9月期業績によると、110機関の貸出金利息収入(以下、利息収入)は総額3兆3476.83億円で、前年同期から17.73%(7213.12億円)減となった。上位機関は軒並み減収し、全体の増収機関も前年同期の44機関から29機関に抑えられた。
計上額トップは三井住友銀の4940.53億円(前年同期比24.37%減)。第2位は三菱UFJ銀(4795.83億円、34.05%減)で、これにみずほ銀(4312.38億円、26.02%減)、三井住友信託銀(1310億円、23.97%減)、りそな銀(898.24億円、5.24%減)などが続いた。
 6~10位は、日本政策投資銀(655.05億円、8.71%減)、横浜銀(590.79億円、1.96%減)、日本生命保険(542.72億円、11.97%減)、千葉銀(519.07億円、5.74%減)、福岡銀(499.57億円、5.11%減)。
利息収入を伸ばしたのは、オリックス銀(残高258.30億円、13.25億円増、5.41%増、23位)が最大。次いで愛知銀(92.26億円、10.65億円増、13.05%増、72位)、ソニー銀(100.28億円、8.58億円増、9.36%増、66位)、メットライフ生命(210.36億円、6.99億円増、3.44%増、34位)など。
 一方、利息収入を大きく減らした機関は、農林中央金庫(残高444.23億円、137.25億円減、23.60%減、12位)、三菱UFJ信託銀(残高115.67億円、106.01億円減・47.82%減、57位)、あおぞら銀(216.43億円、85.45億円減・28.31%減、32位)、新生銀(432.40億円、64.61億円減・13.00%減、13位)など。
 なお、110機関の総貸出金残高は654兆2312.50億円で5.16%増加。増加機関のうち利息収入を増やしたのは29機関。すなわち、利息収入の増加機関は総貸出金も増加している。なお、総貸出金を増やしながら、利息収入を減らしたのは1機関のみ。
今回、利息収入を増やした29機関も、伸び率2ケタが4機関あるが、ほとんどが下位機関、1%未満が10機関、1%台が4機関であり、厳しい状況が続いている。

2021/1/5&15号 不動産経済ファンドレビュー

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ