三井不動産、「パークタワー勝どきサウス」販売開始へ―総戸数1665戸、坪単価430万円
パークタワー勝どきサウス

 三井不動産レジデンシャルなどが手掛ける大規模分譲タワーマンション「パークタワー勝どきミッド/サウス」(東京・中央区)のうち、地上58階建て・総戸数1665戸の「サウス」の販売活動が始まる。1期1次(戸数未定)の販売平均坪単価は430万円程度になる模様。

 同物件では、一体で開発している地上45階建て、総戸数1121戸の「ミッド」の販売が先行。販売戸数570戸のうち、これまでに売り出した507戸(1期1次~2期1次)は全戸契約済み。エントリー数は約1・5万件、来場総数は約3000組(昨年9月~今年5月)で、登録申し込み総数は約1500件に上った。最高倍率は南角・41階の専有面積101㎡、1億2890万円の住戸で27倍だった。平均倍率は約2・9倍、販売価格は3690万~3億3980万円(専有面積25・05~153・05㎡)、販売平均坪単価は430万円程度だった。

 足元に商業施設が入り、都営大江戸線・勝どき駅直結という生活・交通利便性の高さが評価された。契約者は30~40歳代が多く、半分がファミリー世帯で、近隣からの買い替え世帯が目立つのも特徴。契約者の居住地は中央区が4割、江東区、港区がそれぞれ1割だった。「ミッド」の次期販売は来年1月の予定。

 一方、「サウス」は「ミッド」よりも階高が高く、大規模なのが特徴。53、54階にはスカイデッキも備える。「サウス」の販売価格は4700万~3億7800万円(専有面積31・29~156・66㎡)の予定。7月上旬からモデルルームの事前案内会を開始し、販売開始は9月上旬を予定している。販売総戸数は1115戸。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事