GMO、不動産賃貸管理会社向けDXプラットフォーム「GMO賃貸DX」を拡張「GMO賃貸DX業者さんアプリ」を 秋目途リリース
GMO ReTech「GMO賃貸DX」

 GMOインターネットグループで 不動産テック事業を推進するGMO ReTech(鈴木明人社長)は、 賃貸運営のDXプラットフォーム「GMO賃貸DX」に於て、定期清掃、 原状回復、 修繕などの業者とのコミュニケーションを アプリおよびWEB上で可能にする、「GMO賃貸DX 業者さんアプリ」を21年秋を目途に実装する。

 「GMO賃貸DX」は、 不動産賃貸管理会社の業務効率化を念頭に「オーナー」「入居者」向けのアプリを提供済み。この秋にはそれらに加えて、定期清掃などの賃貸運営に係る「業者」(賃貸運営関連業者)とのコミュニケーションをアプリ化する。GMO ReTechが展開する不動産テックのサービスブランド「GMO賃貸DX」の第3弾として、 「GMO賃貸DXオーナーアプリ」と「GMO賃貸DX入居者アプリ」に続いて提供するもの。

 不動産賃貸管理会社はこの3つのアプリを連携して利用することで、 入居者からの修繕依頼や退去の立会い、 オーナーへの見積もり提出、 賃貸運営関連業者とのコミュニケーションなど、 3つのステークホルダーとの業務についてDX化を推進することが可能となる。

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ