神奈川大がみなとみらいに新キャンパス、4月から5千人入学
神奈川大・みなとみらいキャンパス

 神奈川大学は、3学部約 5000 人の学生が学ぶ「みなとみらいキャンパス」を 4 月に開設する。同校舎のコンセプトは「国際・日本」の融合した未来創造・交流キャンパス。地域や社会・企業人など、あらゆる人に開かれた人と知の交流拠点「ソーシャルコモンズ」を中心に、社会連携活動などを通じて、地域・社会との繋がりを拡げる。

 アクセスはみなとみらい線「新高島駅」下車徒歩約4分、「みなとみらい駅」徒歩6分。同キャンパスに移転・集約するのは、経営学部・国際経営学科(530人)、外国語学部・英語英文学科(200人)、スペイン語学科(90人)、中国語学科(60人) 、国際日本学部・国際文化交流学科(170人)、日本文化学科(60人)、歴史民俗学科(70人)で、学生数は合計約5000人。

 ソーシャルコモンズの目的は、 地域・社会に開かれあらゆる人が集い交流することで、新たな価値やイノベーション創出の場とすること。 そのためのソーシャルコモンズ施設として、 グローバルラウンジ、観光ラウンジ、ラボ、体験・展示エリア、エクステンションセンター 図書館、社会連携センターなどを1〜3階の低層フロアに設け、企業・行政との連携、オープンイノベーションの場の創出と研究・交流を通じ社会に還元していく。

神奈川大学 みなとみらいキャンパス

住所: 220-8739 横浜市中区みなみとみらい 4-5-3
電話: 045-664-3710
学部: 外国語学部、国際日本学部、経営学部/約 5 千人

階数/高さ: 地上 21階、地下 1階/99.90m

敷地面積7848.31m²

延床面積50568.28m²

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事