オートロックマンションの「スマートエントランス」化へ、ヤマト運輸と実証実験ーライナフ

 スマートロックのライナフは、スマートエントランス「Ninja Entrance」を活用した オートロックマンションでの実用実験を開始した。ヤマト運輸のマルチデジタルキープラットフォームと連携、オートロックマンションにおける、より安全な置き配の実現を図る。


 ライナフは、 これまでもマンションの共用エントランスをスマートフォンや PCで操作できるIoTデバイスNinja Entranceの提供を通じて置き配の実証実験をおこなっており、 今回これらの置き配への多様なニーズにさらに応えるために、Ninja Entranceと ヤマト運輸のマルチデジタルキープラットフォーム「EAZY」とAPIでシステム連携させる。通信は暗号化し、配送スタッフ専用のアプリから、 オートロックの解錠を可能にする。

 Ninja Entranceは、 オートロックマンションの共用エントランスをスマートフォンやPCから遠隔で解錠できるようにするIoTシステム。 解錠履歴の確認やデジタルキーの発行に加え、検温機能のついた顔認証による解錠方法にも対応する。ヤマト運輸の「EAZY」は、 EC利用者・EC事業者・配送事業者を繋ぎ、対面での受け取りに加え、 玄関ドア前、 宅配BOX、 車庫や自転車のかごなど非対面での受け取りを可能とするシステム。

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事