豪雨災害対策技術の実証試験を開始ー水害の予兆検知・監視・住民周知までを最新IoTで・応用地質

 応用地質は、河川の増水や越水を検知する防災IoTセンサと防災モニタリングカメラ、周辺住民に危険を知らせる警告灯からなる「防災情報システム」を千葉県・大多喜町内に設置し、実証試験を開始した。この試験では、大多喜町内の水路に増水や越水を検知する冠水センサーと、センサー連動型の防災モニタリングカメラおよび警戒情報を通知する警告灯からなるシステムを設置する。 

 同システムはエッジコンピューティング、LPWA、IoT/クラウドによる多点型防災センサを採用。冠水センサーで検知した情報やモニタリングカメラ画像は、地元行政の防災担当者へリアルタイムで通知するほか、現地では警告灯が発光して、周囲に危険を知らせる。

 設置する冠水センサー「冠すいっち」は、現場状況をPC・スマートフォン上でリアルタイム監視できるほか、太陽光パネルおよびバッテリと組み合わせることで、野外独立電源でも作動する。


最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事