戸建て受注が依然減少、分譲は伸長ー3Qの住宅景況感は低迷続く・ 住宅生産団体連合会
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 住宅生産団体連合会がまとめた20年度第3四半期住宅景況感調査によると、総数に関する受注実績の景況感指数は前年同期(受注戸数77㌽減、金額79㌽減)比で受注戸数30㌽減、金額20㌽減と7期連続のマイナスとなった。

 調査は1月に会員企業の大手ハウスメーカーら15社へのアンケートを行い、回答を分析した。分野別では戸建て注文住宅の受注実績が受注戸数18㌽減、金額21㌽減。受注見通しは戸数35㌽減、受注金額31㌽減で実績・見通しともマイナスとなった。戸建て分譲は受注実績が戸数・金額とも28㌽増と伸長。延長前の住宅ローン減税の適用期間が昨年11月末までだったため若干の駆け込みが生じた。受注見通しは戸数13㌽減、金額6㌽減とマイナスに転じる見込み。

 低層賃貸は実績が受注戸数59㌽減、金額45㌽減で7期連続のマイナス。見通しも戸数70㌽減、金額60㌽減。リフォーム(受注金額)は23㌽増で、コメントでは大型案件の増加などプラスの要素が多く挙げられ、戸建て住宅より一足早く回復した。見通しは33㌽減。2度目の緊急事態宣言、新型肺炎の先行き不透明感、購買意欲の低下などが全分野で厳しい見通しに反映された。

 新設住宅着工戸数の予測は前回10月調査時の予測比で、総戸数8000戸プラスの79・3万戸。内訳では持家と分譲住宅が増え、賃貸住宅は減った。向こう6カ月間の市場動向予測アンケートの結果では、「所得の伸び」は15社中14社が「下がる」と回答、「家賃の動向」は14社中13社が「変わらず」で、「金利の動向」「資材価格」「建築の手間賃」も大多数が「変わらず」とする。展示場来場者は13社が「減る」だった。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
特集;コロナ禍で変わるリテール市場①小売業の閉店増加、大手の寡占化顕著に   ―米国発EC企業や横丁など新業態が台頭 須賀クッシュマン&ウェイクフィールド、エグゼクティブディレクター兼リテールサービス部門統括責任者
インタビュー
特集;コロナ禍で変わるリテール市場①小売業の閉店増加、大手の寡占化顕著に   ―米国発EC企業や横丁など新業態が台頭 須賀クッシュマン&ウェイクフィールド、エグゼクティブディレクター兼リテールサービス部門統括責任者
新型コロナウイルスの感染拡大で都市部を中心に小売り業への悪影響が広がっている。2度目の緊急事態宣言が発出され、戻りつつあった街の人出も再び鈍...