40歳代単身男性の理想は50㎡台2LDK―日鉄興和不が調査、広さを求める傾向

 日鉄興和不動産は、単身男性が求めるマンションを調査し、40歳代の単身男性にとって理想の面積・間取りは「50㎡台の2LDK」と結論付けた。単身男性のうち、持ち家比率が最も高い40歳代の単身男性を調査のターゲットに設定。過去の購入者データに加え、数年にわたるウェブ調査や社内アンケート、グループインタビューなどを踏まえ「理想の間取り」を定義した。
 ウェブアンケートの結果、40歳代単身男性の希望の間取りは、1位が「55㎡・2LDK」で38%、2位が「65㎡・3LDK」で30%だった。単身でも広さを求める傾向が強く、その理由として「将来に備えて余裕の広さが欲しい」「趣味部屋や書斎が欲しい」などが挙げられた。居住継続の意向については「転勤など致し方ない事情以外は住み続けたい」が半数近くに上っており、結婚後も住める間取りを重視していることが分かった。
 志向性も調べたところ、現在の住まいで収納に不満に持っている人が多く、お金の使い方は趣味を最も重視していた。家で過ごす時間が最も長いリビング・ダイニングを重視する人も過半を占め、週1回以上は料理をする人は約9割、毎日浴槽に浸かって入浴する人は約5割だった。
 これらの結果を踏まえ▽LDの広さは8~10畳▽主寝室はLDから独立▽収納率は8~10%▽趣味のスノーボードやゴルフクラブも収納できるスペース(シューズインクローゼットや納戸)▽2つ目の洋室はLDと一体利用も可能なウォールドア―を理想の間取りの条件とした。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
特集;コロナ禍で変わるリテール市場①小売業の閉店増加、大手の寡占化顕著に   ―米国発EC企業や横丁など新業態が台頭 須賀クッシュマン&ウェイクフィールド、エグゼクティブディレクター兼リテールサービス部門統括責任者
インタビュー
特集;コロナ禍で変わるリテール市場①小売業の閉店増加、大手の寡占化顕著に   ―米国発EC企業や横丁など新業態が台頭 須賀クッシュマン&ウェイクフィールド、エグゼクティブディレクター兼リテールサービス部門統括責任者
新型コロナウイルスの感染拡大で都市部を中心に小売り業への悪影響が広がっている。2度目の緊急事態宣言が発出され、戻りつつあった街の人出も再び鈍...