フォトシンスと美和ロックの住宅用スマートロック合弁会社、住宅向けサービスを共同開発へ

  Photosynth(東京・港区、河瀬 航大社長  以下フォトシンス)と、美和ロックは、 住宅向けサービスを開発・提供する合弁会社「株式会社MIWA Akerun Technologies」を、 2021年1月に設立する。合弁会社では スマートロックを活用した利便性やセキュリティの向上、 安全・安心な生活に貢献する製品やサービスを共同開発する。

 今回の合弁会社の設立により、ネットワークとロックがつながることで、安全・安心はもとより、利便性が拡大した「鍵」を起点に、住宅そのものの価値の向上にも貢献していきたいとしている。具体的には「Akerun」に代表されるクラウド鍵(キー)の開発力やサブスクリプション・ビジネスにおけるノウハウを持つフォトシンスと、 建築用錠前の日本国内シェアトップの美和ロックの強みを活かし、 スマートロックを通じた住宅向けサービスを開発していく方針。

 

<合弁会社概要>

商号株式会社MIWA Akerun Technologies
所在地東京都港区芝五丁目29番11号
設立予定2021年1月
代表者代表取締役 渡邉宏明 (兼 株式会社Photosynth 取締役 副社長)
資本金5千万円
出資比率株式会社Photosynth 51%、 美和ロック株式会社49%
事業概要住宅向けスマートロック及びシステムの企画・開発・販売

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ