中古マンション成約数が過去最高を更新―東日本レインズ、10月は31%増・在庫減
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は10日、10月の不動産流通市場動向をまとめた。首都圏の中古マンション成約件数は、前年同月比31・2%増の3636件となった。これまで10月で最多だった16年(3339件)を上回り、過去最高を更新した。昨年10月は消費増税や台風などの影響で前年同月比で10・5%減少しており、その反動もある。一昨年(3096件)との比較では17・4%増となった。一方、売り物件の新規登録件数と在庫件数は2ケタ減が続き、在庫数は約5年ぶりに4万戸を切った。

 新規登録件数は11・3%減の1万5106件と、14カ月連続で前年同月を下回った。前月比では3・1%の増加。在庫件数は16・7%減の3万9829件で、11カ月連続の前年同月割れ。前月比でも3・2%の減少で5カ月連続でのマイナスとなった。コロナ拡大以降の売り物件の大幅減少が続いた。成約㎡単価は前年同月比4・8%上昇(前月比0・1%上昇)の56・04万円で、6カ月連続で前年を上回った。成約価格は5・4%上昇の3649万円となり、5カ月連続で前年同月を上回った。一方、前月比では1・2%減と6カ月ぶりに前月を下回った。成約数はすべてのエリアで前年同月比2ケタ増となり、都区部は32・7%増の1539件だった。

 中古戸建ては成約件数が41・8%増の1316件で、10月として過去最高を更新した。成約価格は1・2%下落の3113万円。新規登録件数は12・5%減の5423件で、8カ月連続の前年割れ。在庫数は15・6%減の1万8990件となり、前月比でも2・1%減少し、8カ月連続で在庫数が減っている。

2020/11/11 日刊不動産経済通信

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事