不動産テック協会が設立2周年イベントを都内で

 不動産テック協会は設立2周年記念イベントを11月17日18時より東京・大手町の「グローバルビジネスハブ東京」にて開催する。当日は不動産テック協会の顧問による講演、一年間の活動及び理事体制の報告に加えて、今後予定している協会・部会活動の発表などを行う。

なお「グローバルビジネスハブ東京」での開催は密を避けるため、通常100名以上入る会場の半分の50名に限定して開催し、リアルタイムで会場の様子をオンラインで配信する。

申し込みは「リアルでの参加」「オンライン参加」の2種類。「オンライン参加」希望者には後日、閲覧用のzoomのURLを送付する。

 基調講演は、KPMG FAS 執行役員パートナー 不動産&建設セクターリーダーでKPMGグローバル リアルエステート&コンストラクション ステアリング・コミッティ メンバーの加藤 淳哉氏(写真)による「DXで変わる不動産会社の資本・業務提携の意義」など。

詳細・申し込み等は

https://retechjapan.org/event/archives/seminar-201117/

コメントをどうぞ
最新情報はTwitterにて!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事
特集;コロナ禍で変わるリテール市場①小売業の閉店増加、大手の寡占化顕著に   ―米国発EC企業や横丁など新業態が台頭 須賀クッシュマン&ウェイクフィールド、エグゼクティブディレクター兼リテールサービス部門統括責任者
インタビュー
特集;コロナ禍で変わるリテール市場①小売業の閉店増加、大手の寡占化顕著に   ―米国発EC企業や横丁など新業態が台頭 須賀クッシュマン&ウェイクフィールド、エグゼクティブディレクター兼リテールサービス部門統括責任者
新型コロナウイルスの感染拡大で都市部を中心に小売り業への悪影響が広がっている。2度目の緊急事態宣言が発出され、戻りつつあった街の人出も再び鈍...