女性が住みたい街ランキング第一位に「西川口」割安な家賃が魅力に Woman.CHINTAI

 CHINTAIが運営する、女性向け賃貸物件検索サイト「Woman.CHINTAI」によると、女性の住みたい街ランキング第1位は埼玉県の「西川口」となった。憧れの街の第1位は「吉祥寺」。女性の住みたい街については「Woman.CHINTAI」に掲載された賃貸物件のうち、問合せの多かった駅名を集計し「住みたい街ランキング」として発表したもの。(特設ページ:https://woman.chintai/page/2021ranking/)。憧れの街は、関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の18歳~39歳の未婚女性を対象に「一度は住んでみたい憧れの街ランキング」をアンケート形式で実施したもの。

 住みたい街の1位は西川口、2位は池袋、3位は北千住となった。問い合わせ件数を2020年通年で見ると、西川口は問い合わせ件数が359件、池袋は344件、北千住は269件だった。「住みたい街」の調査対象は、首都圏のほか、東海圏、近畿圏、九州圏の1都2府21県。

 一方で憧れの街ランキング1位の吉祥寺は、回答数が346件という結果。年代別では20代後半〜30代後半で1位。2位は横浜、3位は新宿となっている。

 住みたい街の魅力は家賃相場。憧れの街トップ10の平均家賃(1K)は9.3万円だが、住みたい街トップ10のそれは7.8万円に過ぎない。トップの西川口の平均は6.6万円で、若年層女性の平均賃金からすれば高過ぎず、アクセスの良さが魅力。JR京浜東北線が通り、東京駅などの都心へも乗り換えなしで30分程とアクセスは抜群。また「西川口駅直結のショッピングセンターや24時間営業スーパーマーケットがあり、時間を気にすることなく買い物でき、生活がしやすいのもポイント」(CHINTAI)であるとコメントしている。

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ