大和ハウス工業は、東京・府中市の戸建て分譲「セキュレア武蔵府中ひかりテラス」(27区画)の販売を始めた。1期11戸の販売価格(消費税込)は5490万~6190万円(S造、2階建て、延床面積84・39~90・36㎡)。4棟が成約、1棟が申し込み済みと順調に売れている。  

 所在地(府中市栄町2-13-7ほか)は、JR中央本線・国分寺駅からバス11分と徒歩3分。京王電鉄京王線・府中駅からバス9分徒歩3分。街区の開発面積は4381・44㎡。公園を設け、全戸が採光と通風、プライバシーを確保できる余裕のある建物配置とし、植栽も豊富にした。各住戸の敷地面積は113・02~123・17㎡。設計・施工は大和ハウス工業。  

 完売時期は当初、22年3月としていたものの、1期の販売速度をみて今年11月の予定に前倒しした。4月後半からの資料請求は約80件。見学は、市内を中心に東京・杉並区や川崎市からも来場している。  

 17年から提案している生活様式プラン「家事シェアハウス」を全棟に採用した。1階の間取りは、回遊式の便利な「家事シェア動線」で、玄関に家族全員分の「自分専用カタヅケロッカー」を設置し、1階壁面に扉付きの連絡板兼収納「お便り紙蔵庫」、2階寝室横に大型クロークを設ける。家族で家事を分担する生活から一歩前進し、家族全員が無理なく自然に家事を共有できる工夫を随所に取り入れる。このほか、同社独自の宅配ボックスと据え置き型大型ダストボックスの採用、水回りの自動水栓化などによって感染症対策も強化した。(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事