東京ガス、賃貸入居者の見守りサービス「まもROOM」の提供を開始

 東京ガスは8日より賃貸入居者向けの見守りサービス「まもROOM」の提供を開始した。 同サービスは、 居室内に設置する「ホームゲートウェイ」とトイレなどのドアに設置するセンサーを通じて、 一定期間ドアの開閉がない場合に管理会社やオーナー、 入居者の家族など最大5カ所へメール通知するもの。

 センサーは24時間、または48時間で設定する。ホームゲートウェイには通信機能を内蔵し、入居者宅にネット環境がなくてもサービスの利用が可能。さらに、入居者宅ごとにドアの前日の開閉状態や履歴を管理Web画面で確認できるため、 入居者の安全を複数人で見守ることができる。 さらに入居者は医療・介護資格を持つスタッフによる24時間対応可能な健康相談を利用可能。賃貸集合住宅一部住戸のみの契約が可能です。 
 当社のガス供給エリア(東日本ガス地区、 東彩ガス地区、 日本瓦斯(ニチガス)真岡地区を除く)に所在する住戸に限ります。 ただし、 当社が認めた場合はこの限りではありません。 料金は契約戸数に応じた月額課金制。 初期費用(機器費、 施工費、 契約事務手数料)は不要。 
 

コメントをどうぞ
最新情報はTwitterにて!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事
改正マンション管理適正化法・マンション建替円滑化法が完全施行 適正評価制度で管理の市場評価と管理業のビジネス化を定着 評価制度を管理評価する指標に 岡本潮・マンション管理業協会理事長①
マンション
改正マンション管理適正化法・マンション建替円滑化法が完全施行 適正評価制度で管理の市場評価と管理業のビジネス化を定着 評価制度を管理評価する指標に 岡本潮・マンション管理業協会理事長①
 マンションの管理状況が不動産流通市場で評価される仕組みとして検討してきたマンション管理適正評価制度(以下、評価制度)が4月からスタートする...