中目黒に新築複合施設、来年2月開業―丸仁が開発、レジは東急住宅Lが運営

 丸仁ホールディングスと東急住宅リース、リアルゲイトの3社が協働するレジデンスとスモールオフィス、ショップの新築複合施設「CONTRAL NAKAMEGURO」(東京・目黒区)が21年2月に開業する。丸仁HDが事業主で物件を所有する。賃貸レジデンスは東急住宅リースが、オフィスとショップはリアルゲイトがサブリースして管理運営する。レジデンスとオフィスの入居者募集を19日に開始した。
 「コントラル中目黒」(目黒区青葉台1―237―2ほか)は東急東横線・中目黒駅から徒歩7分の立地。地上5階建てで、延床面積は5144・18㎡。昨年12月に着工し、21年1月末に竣工予定。レジデンスは1~5階に70戸、オフィスは2階に6区画(47・72~62・69㎡)、ショップは1階に6区画(55・71~97・08㎡)。テレワークの浸透で生活様式が大きく変化するなか、レジデンスとオフィス、入居者専用の共用書斎など職住融合の空間とし、在宅勤務中の生産性向上やクリエイティブな発想の創造などを狙う。1階の共用書斎は、読書や勉強・作業など書斎代わりに利用でき、打ち合わせや入居者のコミュニケーションにも使える無料のコージーラウンジと、有料のワークラウンジの2タイプ。
 レジデンスの間取りは1K(34戸)、1LDK(32戸)、2LDK(4戸)。ターゲットは中目黒のゆとりある生活を求める単身者やDINKS、DEWKSなど。月額賃料は1Kが15万9000~19万1000円、1LDKの一般住戸が21万7000~32万円で、プレミアム住戸が53万5000円と58万5000円、2LDKが31万~39万円。別途管理費。

2020/11/24 日刊不動産経済通信

おすすめの記事