中華圏の投資家、高まる日本不動産への投資・渡航意欲 神居秒算

 GA technologies グループの、株式会社神居秒算(東京・港、趙 潔社長)は、中華圏最大級の日本不動産プラットフォーム  「神居秒算」で不動産投資に関心がある中華圏の投資家に「コロナ後の不動産投資と海外旅行」について調査を実施したところ、93%の中華圏投資家が「海外への渡航が可能になれば、物件を見に行く」と回答した。また投資家の26%が「自身の貯蓄5割以上を日本不動産へ投資することを検討している」と回答した。調査は21年9月1日~29日に、神居秒算ユーザーの男女132名へネットで実施した。

 中華圏の投資家の93%が「海外への渡航が可能になれば物件を見に行く」と回答 した。また日本不動産への投資タイミングに関し、「今がチャンスだと思っている」と回答した人が全体の56%おり、コロナ後の海外渡航先の1位に「日本」が選ばれた。

 自身の貯蓄のうち、日本の不動産に投資しようとしている割合はどのくらいか?」という質問に対して、26%の人が「貯蓄の5割以上を投資しようと検討している」と回答。次いで26%の人が3割、21%の人が2割の貯蓄を日本不動産へ投資することを検討していると回答した。

  神居秒算では今後、中華圏の投資家がより多くの日本不動産を検索できるよう、神居秒算の日本国内不動産仲介会社向け新料金プランの提供を開始した。

最新情報はTwitterにて!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
こちらもおすすめ