3Dマップ上に水害浸水範囲をリアルタイム再現ーSpectee
Spectee

 株式会社Spectee(スペクティ、東京・千代田、村上建治郎社長)は、 AIを活用した情報解析技術により、水害発生時の浸水範囲をほぼリアルタイムで3Dマップ上に再現することに成功したと発表した。昨年7月に発生した熊本県・球磨川周辺の豪雨時をモデルケースとして、 SNSに投稿された画像や降水量のデータ、 降雨地の地形データ、過去の水害データを組み合わせて解析し、 浸水範囲と浸水深を3Dマップ化したもの。災害箇所をビジュアライズすることで、行政の災害対応計画の策定支援を行っていく。

 今回行った技術検証では、 SNSの画像からでも正確な浸水範囲及び浸水深の推定が可能であることが確認されたとのこと。 仮に水害が発生した場合、 SNSや道路や河川のカメラ等の画像・映像からでも、推定浸水範囲・浸水深をリアルタイムに3Dマップ化し被害状況を把握できるとしている。

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事