春の褒章、住宅・不動産関係12名が受章
黄綬褒章(内閣府)

 政府は、21年春の褒章受章者を発表した。住宅・不動産関係では12名が黄綬褒章を受章した。国土交通省での伝達式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止。受章者(関係分)は以下の各氏。
 <黄綬褒章>▽飯野郁男・アイホームズ代表取締役(元東京都宅地建物取引業協会副会長)▽石原正男・石原産業社長(元新潟県宅地建物取引業協会副会長)▽木俣純一・西遠土地建物センター取締役(静岡県宅地建物取引業協会副会長)▽木村勇治・キムラプラン代表取締役(元不動産保証協会理事)▽慶忠浩(前田忠浩)・エルフロント代表取締役(元全日本不動産協会理事)▽清水哲也・初不動産代表取締役(元全国宅地建物取引業協会連合会常務理事)▽角幸彦・ハウジングギャラリー取締役(全国宅地建物取引業保証協会常務理事)▽髙﨑正雄・髙英住宅代表取締役(千葉県宅地建物取引業協会会長)▽中嶋勝司・みやこ不動産代表取締役(岩手県宅地建物取引業協会副会長)▽西口寿雄・富士興産代表取締役(兵庫県宅地建物取引業協会副会長)▽早坂一夫・仙台中央土地建物代表取締役(宮城県宅地建物取引業協会副会長)▽丸岡敬・元アスパ代表取締役(元不動産保証協会常務理事)(日刊不動産経済通信)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事