東急不、東京・自由が丘で「ブランズ」―残5戸を一般販売、まず4・1億円住戸

(提供:日刊不動産経済通信)東急不動産は東京・世田谷区の新築分譲マンション「ブランズ自由が丘」の一般販売を始めた。総戸数24戸のうち19戸がすでに売れており、残5戸を一般顧客に販売する。まずは先着順で最上階(3階)1戸を売る。その住戸の間取りは3LDKで専有面積154・05㎡。販売価格は4億1000万円。2期販売を10月中旬に始める予定で、物件ウェブサイトで登録を受け付けている。立地は東急東横線と大井町線の自由が丘駅徒歩5分。平均専有面積は113㎡超。24年1月下旬の竣工、同5月下旬の引き渡しを予定する。

 所在地(地番)は東京都世田谷区奥沢7-85-2。敷地面積1944㎡。九品仏川の緑道沿いの角地にあり、用途地域は第一種低層住居専用地域。玉川聖学院中・高等部校舎のすぐ北側に位置する。施設規模はRC造地上3階地下1階建て。間取りは2LDKと3LDKで、専有面積は91・72~109・23㎡。東急不動産によると、自由が丘駅徒歩5分以内の場所で平均専有面積が100㎡を超えるマンションが供給されるのは初めてだという。

 東京ガスが新築マンションの専有部向けに「カーボンニュートラル都市ガス」とLNG火力を主電源とする「さすてな電気」の両方を実供給する「CO2排出量実質ゼロ」物件。ZEHオリエンテッドと低炭素建築物の両認定も取得した。東急不動産が売主兼販売代理、東急が売主となる。施工者は西松建設。管理会社は東急コミュニティー。この物件では建物内外の植栽に特に力を入れ、緑化率を敷地の20%以上とした。傘下の石勝エクステリアと考案した新たな植栽管理手法の「グリーン・アジェンダ」を初採用した。

コメントをどうぞ
最新情報はTwitterにて!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事
特集;コロナ禍で変わるリテール市場①小売業の閉店増加、大手の寡占化顕著に   ―米国発EC企業や横丁など新業態が台頭 須賀クッシュマン&ウェイクフィールド、エグゼクティブディレクター兼リテールサービス部門統括責任者
インタビュー
特集;コロナ禍で変わるリテール市場①小売業の閉店増加、大手の寡占化顕著に   ―米国発EC企業や横丁など新業態が台頭 須賀クッシュマン&ウェイクフィールド、エグゼクティブディレクター兼リテールサービス部門統括責任者
新型コロナウイルスの感染拡大で都市部を中心に小売り業への悪影響が広がっている。2度目の緊急事態宣言が発出され、戻りつつあった街の人出も再び鈍...