不動産取引の全面電子化を目指す『DX不動産推進協会』が設立総会
左から︓株式会社Robot Home 代表取締役CEO 古木大咲、 株式会社Residence kit 代表取締役 松園勝喜、 株式会社AMBITION 代表取締役社長 清水剛 、 株式会社ZUU 代表取締役 富田和成、 プロパティエージェント株式会社 代表取締役社長 中西聖、 株式会社シーラホールディングス 取締役会長兼CEO 杉本宏之、 株式会社GA technologies 代表取締役社長CEO 樋口⿓、 株式会社Casa 代表取締役社長 宮地正剛

 一般社団法人 DX不動産推進協会(東京・渋谷、 古木大咲代表理事)は4月19日、東京・霞ヶ関の衆議院第一議員会館で設立総会を開いた。DX不動産推進協会では 「不動産取引の全面電子化」を一丁目一番地とし、 民間の立場から政策提言を行ってくとしている。

 メンバーは、株式会社RobotHome、株式会社AMBITION、 株式会社Casa、 プロパティエージェント株式会社、 株式会社GA technologies、 株式会社ZUU、 株式会社 Residence kit、 株式会社シーラホールディングス。昨年12月17日に設立した。「不動産業界においても、 非接触・非対面を前提としたコミュニケーション、 業務効率化、 更なる生産性の向上のためには、 不動産領域における集積データの活用や、業界横断的なビジネスモデル革新を可能にするDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、未来の不動産の品質や売買のあり方を変え、 国民の住生活環境・利便性向上に寄与し、社会に貢献していく」(DX推進協)考え。

挨拶で登壇した西村康稔・経済再生・コロナ対策担当大⾂

一般社団法人 DX不動産推進協会 概要

設立2020年12月17日
代表理事古木大咲 株式会社Robot Home 代表取締役CEO
理事宮地正剛 株式会社Casa 代表取締役
中西聖 プロパティエージェント株式会社 代表取締役社長
樋口龍 株式会社GA technologies 代表取締役社長CEO
冨田和成 株式会社ZUU 代表取締役
松園勝喜 株式会社 Residence kit 代表取締役
監事杉本宏之 株式会社シーラホールディングス 取締役会長兼CEO
顧問西村清彦 東京大学名誉教授・元日本銀行副総裁
顧問弁護士加藤博太郎 加藤・浅川法律事務所

■協会の目的

不動産分野において、 IoT、 AI(人工知能)等の先進的な技術の利活用を通じ、 様々な社会的問題を解決し、 DXの促進・活性化を図ることで、 国民生活の住生活環境・利便性向上に寄与し、 もって社会に貢献する。

■ウェブサイト 

www.dxppa.or.jp (4月30日公開予定)

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事