住宅をAI査定し短期間で買取ー福岡のハウスマーク

 ハウスマーク(福岡市、藤林優樹社長)は、自宅の売却価格をAIが査定し、査定後最短7日で引き渡しを可能とするサービス「暮らしべ長者」を開始する。同サービスは、オンライン上のシンプルな手続きだけで、同社独自の AI システムが 24 時間以内に自宅の価値を査定するもの。修繕箇所まで無料で診断し、7日~90日の間のタイミングで引き渡すことが可能。二重の住宅ローンや仮住まいへの引っ越しなどの心配がないため、無駄な費用が掛からないとしている。同社では仲介手数料の代わりに、サービス手数料(7.5%~)を請求する。自宅の商品化にかかる費用、維持管理費用、二重にかかる重複費用、瑕疵担保リスクなど売却に要する費用となる。

 「暮らしべ長者」は、「住宅ローンを資産に変える!買い替え・住み替えワンストップサービス」を標榜、 中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構が実施する 令和元年度補正予算及び令和2年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助事業」に採択された。「買い替え・住み替えをスムーズに実現できるこのサービスは、少子高齢化社会が抱える日本国内に増え始めている郊外の団地の過疎化・空き家化の問題を解消する事業だ。利用する人もにぎわいを失くしつつある町もハッピーにするサービスだ」(ハウスマーク)と意欲を示す。

最新情報はTwitterにて!
おすすめの記事
こちらもおすすめ