飲食店の空き時間をシェアオフィスに!店舗とクリエイターを繋ぐ「anywhere」(エニウェア)が始動

 REBRANDING( https://www.rebranding.tokyo 代表取締役:中西豪)は、飲食店の空き時間をシェアオフィスとして貸し借りするためのサーキュラー(循環型)エコノミーサービス「anywhere」(エニウェア)を開始する。サービス公開に先立ち、 加盟店舗の募集を開始いした。 例えば飲食店の空き時間となるランチやディナーの営業時間以外のアイドルタイムをシェアオフィスとして活用できるようにする。利用料は月額5000円で登録店舗全てが使い放題。現状全ての店舗が駅徒歩5分以内にあり、都心の物件も多数存在するという。
電源、 Wi-Fi完備で、店舗によってフリードリンク、 軽食(別料金)も用意する。法人利用など 複数人契約の場合は 利用料を割引する。加盟店舗募集条件としては、東京23区内で最寄駅から徒歩5分以内の店舗。REBRANDINGによると、働き方の多様化でフリーランス人口が1034万人(出典:ランサーズ株式会社「フリーランス実態調査2020年版」)に達しており、こうした知的生産型のクリエイティブな仕事には旧来型のオフィスではなく「五感と創造性を刺激する空間」が必要であるとしている。一方で飲食店はコロナ禍の影響は深刻なままであり、飲食以外の収益機会を提案したいとしている。

WEBサイト
https://anywhere-office.herokuapp.com

おすすめの記事